研究所の概要

研究センター

環境技術研究所が重点的に推進する研究を行う常設機関として、研究統括部門に研究センターを設置しています。

災害対策技術研究センター

北九州市立大学がこれまで蓄積した「災害対策技術」を、実際の災害現場の防災に役立つ技術として適用し、様々な地球環境災害から人類や地球を守るシステムを提供することを目的として研究開発します。
震災対策技術、火災対策技術、災害復旧技術、非常時通信・エネルギー技術、災害レスキュー技術、豪雨時斜面崩壊予測技術を主な研究テーマとします。

汚染土壌(放射性物質含む)・廃棄物などの隔離・保管技術(多機能盛土) 汚染土壌(放射性物質含む)・廃棄物などの隔離・保管技術(多機能盛土)

汚染土壌(放射性物質含む)・廃棄物などの隔離・保管技術(多機能盛土)

社会支援ロボット創造研究センター

北九州市がロボット活用等による人口減少・超高齢化社会への対応を進めているなか、介護・福祉や生活支援用ロボットの研究開発を行い、情報系(センサ、認識、電子制御)、機械系(駆動、機械制御)、建築系(高齢者支援住宅システム)等の研究者が結集して、ロボット活用による安全・安心で豊かな社会の実現を目指します。

人の動きの計測・記録とリハビリテーションへの応用

人の動きの計測・記録とリハビリテーションへの応用

見守り用小型電波センサの研究開発と実証実験

見守り用小型電波センサの研究開発と実証実験

 

バイオメディカル材料開発センター

都市エネルギーマネジメント研究センター