ニュース&トピックス

2019年07月01日

ひびきのキャンパス敷地内に国内木材積極活用のための実験・研究施設の建設開始!

 国際環境工学部建築デザイン学科の福田 展淳 教授は、メルディアグループ株式会社三栄建築設計と産学共同で、「国内植林資材の積極活用」に関する研究を続けています。この度、より本格的な実験・研究を促進するべく、本学ひびきのキャンパス敷地内において実験・研究施設の建設を開始しました。
 この件について三栄建築設計より6月21日付でプレスリリースがありました。

三栄建築設計の記者発表資料はこちら