研究活動関連の最近のブログ記事

 受験生の皆さんが体調に気をつけながら最後の仕上げに取り組んでいるこの時期、ひびきのキャンパスでは、大学4年生の卒業論文発表会や大学院(博士前期課程)2年生の修士論文発表会などで研究成果を披露する時期でもあり、学生も教員も大忙しです。 

 さて、その卒業研究に関連して、国際環境工学部エネルギー循環化学科4年 羽納大樹さんの卒業研究のテーマでもある取組みが、2019年2月13日(水)の西日本新聞朝刊で紹介されました。羽納さんの発案により、プラスチック容器に代わる紙素材の容器が、インターンシップ先の餅店で導入されることになりました。

環境技術研究所の新施設がこの春にオープンします!

ひびきのキャンパスには、国際環境工学部、大学院国際環工学研究科のほかにも、「環境技術研究所」という大学付属施設があります

環境技術研究所には、国際環境工学部の全教員も研究員として所属しています。日頃、大学の授業で教えている先生たちですが、各専門分野で最先端の研究活動もしているのです。地域産業に貢献する研究から、世界の環境問題解決につながる研究まで、企業や自治体、国の機関、さらには外国の研究機関とも連携しながら取り組んでいますflair

今後の研究展開の環境整備として、現在、キャンパス南側に新たな研究施設が建設中です。完成はこの春の予定ですnew

この施設の中には、現在進行中のバイオマテリアルの研究の他、共同研究を促進するためのオープンラボスペースを準備する予定ですbuilding

建物は環境に配慮した作りとなっています。例えば、森林資源保護のため、建築現場の木製型枠材が不要となるようプレキャストコンクリートを使用したり、熱を逃さないよう窓面積を少なく設計しています。また、人感センターのLED照明や、日射を遮る庇(ひさし)、太陽光パネルも設置されますshine

最先端の研究施設で研究活動ができる北九州市立大学国際環境工学部で、みなさんも社会に貢献できる、技術者・研究者を目指してみませんかhappy01sign02

UnderConstuction.jpg

現在は、このように工事中ですdash

IEST_Outlook2017.jpg

 (完成予想図)3月末には、木々が緑に色づくともに、このような建物が完成予定ですsign01

日本と同様、海外の大学でも夏休みなどの長期休暇期間は、研究活動や国際交流活動のハイシーズンです。

7月20日には、中国の浙江大学城市学院から建築を勉強している学生19人が国外研修旅行でひびきのキャンパスを訪れました。浙江大学城市学院は、国際環境工学部建築デザイン学科と学術交流協定を締結しており、これまでも国際ワークショップの参加など、学生の短期派遣や受入れでも交流が盛んな大学です。

当日は、北九大・学部・学科や活動について本学教員から講義を受けた後、北九州学術研究都市全体の電気やガスなどのエネルギーを管理している環境エネルギーセンターなど、「エコキャンパス」の視察をし、カフェテリアで昼食をとりました。

また、8月4日に北九大と大学間学術交流協定を結んでいるタイのタマサート大学から学生9人の来訪がありました。学部長への表敬の後、タマサート大学出身のタイ人の大学院生から、北九大の紹介をしました。キャンパス見学では、建築デザイン学科のアトリエで、本学の学部生・大学院生の製作物や、過去の国際ワークショップの発表パネルに特に関心を持ったようです。午後には、TOTOミュージアムや環境ミュージアムなど市内の環境関連施設の視察をしました。

海外からの大学生に北九大の魅力を伝えていくことで、その学生が大学院生として国際環境工学研究科へ入学してくることを心待ちにしたいと思います。



pict1.jpg
pict2.jpg
上写真2点 浙江大学城市学院

pict3.jpg
pict4.jpg
pict5.jpg
上写真3点 タマサート大学

3月20日(金)、「平成26年度 ひびきの賞」の優秀賞論文発表会が開催されましたsign03 

発表会の後、最終審査が行われ、最優秀賞が決定しましたのでお知らせしますnote

この「ひびきの賞」とは、(公財)北九州産業学術推進機構(FAIS)が、北九州学術研究都市内の大学院生を対象に、修士論文を募集し、その中から優秀な論文を選考し表彰するものですshine

今回のひびきの賞受賞者と論文のタイトルをご紹介しますconfident

<最優秀賞> 

clover 九州工業大学大学院 生命体工学研究科 佐保 雄太さん

  「メタモデル学習は脳に存在しうるか -興奮伝播場による情報の転送と統合-」

<優秀賞>  

clover 北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科 庄山 隼人さん

 「改質水準を変化させたフライアッシュの品質と改質フライアッシュスラリーモルタルの諸特性に関する研究」

clover 九州工業大学大学院 生命体工学研究科 王 奕寒さん  

「Chitosan nano fabricated by combined ultrasonic atomization snd freeze casting」

clover 早稲田大学大学院 情報生産システム研究科 王世豪さん 

 「Motion Compensation Architecture for 8k UHDTV HEVC Decoder」


150320【ひびきの賞】授賞式 (17).jpg

北九州市立大学大学院からは、国際環境工学研究科環境工学専攻 修士2年の庄山 隼人さんが優秀賞を受賞しましたhappy02優秀賞は、公募があった7編から4編の論文が受賞しましたflair 

H26_ひびきの賞.jpg
H26_ひびきの賞授賞式.jpg  H26_ひびきの賞授賞式(庄山隼人).jpg
庄山さんの受賞コメントshine

大学院での2年間の研究成果が、このように評価をされてとても嬉しく思っています。

さらに、指導教員の高巣先生や研究室の学生に感謝しています。

後輩のみなさんへ・・・

大学院での研究は、自ら進んで研究を頑張ればこのような賞を受賞いただく機会があります。このように自分が研究した成果が評価されることは、とても自信に繋がりますので、大学院進学を目指しているみなさん、現在、大学院で研究を頑張っているみなさん、これからも頑張ってください。 

と、受賞の喜びについてコメントをいただきましたsign03

庄山さんは、3月で本学を卒業し、今春からは新社会人になります。庄山さんの益々のご活躍を期待していますhappy02

3月10日(火)に「平成26年度北九州市立大学学生表彰」の表彰式が行われました。

ひびきのキャンパスからは、留学生を含めて5名の学生が受賞し表彰式に出席、近藤学長から表彰状が授与されました。

この表彰は、平成17年度から本学の学生の模範となる活動を行った学生に対して行われており、平成26年度は、学術研究活動および課外活動の分野で優秀な成績を収めた学生を表彰していますsign03

ひびきのキャンパス受賞者は以下のとおりです。

 

ゴ バン アン(国際環境工学研究科 環境システム専攻 環境資源システムコース 博士後期課程 2年)

ヴォン ティ フェン(国際環境工学研究科 環境システム専攻 環境資源システムコース 博士前期課程 1年) 

・水・環境技術会議2014 ⇒優秀研究賞 受賞

P1050691アンさんとフェンさん.jpg

庄山 隼人(国際環境工学研究科 環境工学専攻 建築デザインコース 博士前期課程年)

・第39回国際会議(アメリカコンクリート学会シンガポール支部)⇒ACI AWARD 受賞 

庄山隼人.jpg

平川 慧亮国際環境工学研究科 環境工学専攻 建築デザインコース 博士前期課程

第21回空間デザインコンペティション⇒最優秀賞 受賞

平川慧亮.jpg

松本 侑子国際環境工学部 環境生命工学科

環境科学会2014年会⇒最優秀発表賞 受賞

松本侑子.jpg受賞されたみなさん、おめでとうございますhappy01
H26学生表彰集合写真.jpg


表彰の実績は、充実した学生生活を過ごした証にもなるとともに自信にもつながり、今後意欲を持って活動に励んでいくうえでの糧になれば幸いです。

そして、みなさんのご活躍が地域社会へ活力を与えることになると思いますwinkgood


これからのますますの活躍を期待しておりますnote


 平成26年度 国際環境工学部関連表彰 ⇒こちら

カレンダー

<   2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のブログ記事

プラスチックごみ削減に向けて学生が代替容器を発案 ~西日本新聞で紹介されました
 受験生の皆さんが体調に気をつけながら最…
環境技術研究所の新施設がこの春にオープンします!
ひびきのキャンパスには、国際環境工学部、…
ひびきのキャンパスの国際交流 ~ 授業のオフシーズンは、学外活動のハイシーズン ~
日本と同様、海外の大学でも夏休みなどの長…
平成26年度ひびきの賞(修士論文)発表会および授賞式が開催されました。
3月20日(金)、「平成26年度 ひびき…
平成26年度北九州市立大学学生表彰の受賞式が行われました!!
3月10日(火)に「平成26年度北九州市…
北九州市立大学ブランド商品「Bambread シリーズ:合馬のファイバーらすく」の販売が開始!!
こんにちは国際環境工学部環境生命工学科 …
<環境問題事例研究 調査研究発表>入賞チームの表彰式がありました!
1月15日(木)に開催された環境問題事例…

月別 アーカイブ