2016年8月アーカイブ

平成28年8月11日(木・祝)、福岡県宗像市の宗像ユリックスで開催された「世界一行きたい科学広場in宗像2016」において、自然エネルギーを化学的に蓄積する技術の研究している本学環境技術研究所の藤井克司教授と理科の楽しさを小学生に伝える活動を行っている学生団体Desca?が「水を電気分解してみよう!!」と題して水を酸素と水素に分解する実験ブースを出展しました。

学校で水の電気分解をするときにはさまざまな実験器具を使用しますが、いずれも簡単には手に入らないものばかりです。今回はホームセンターで購入できる身近なものを使って実験を楽しんでいただきました。

準備するものは、乾電池、醤油さし、クリップ、ミョウバン、うがいくすりです。

実験の解説はこちら.pdf

参加者は、小学生低学年から高学年と幅広く、内容が難しかったようですが、大学生が実験について丁寧に説明すると理解しようと熱心に話を聞いてくれました。

水に電流を流すと水の中にぶくぶくと泡が出たり、電極として使用したゼムクリップが熱くなったり、1つ1つの反応を観察して水の電気分解を体験してもらいましたが、なかなか水素の発生を確認できず失敗しながらも、何度も挑戦してもらいました。
水素については保護者の方の関心が高く、さまざまな質問をいただき保護者の方にも楽しんでいただいたように思います。

多くの参加者が実験体験などを通じ、自分で考えたり、自分の手でモノを作る"おもしろさ"を知ったり、イベント会場は笑顔と歓喜で埋め尽くされ、熱気を帯びていました。

これらのイベントを通して科学に興味を抱く子供たちがひとりでも多くなることを願っています。

IMG_5339.jpg
IMG_5370.jpg
IMG_5374.jpg
IMG_5375.jpg

日本と同様、海外の大学でも夏休みなどの長期休暇期間は、研究活動や国際交流活動のハイシーズンです。

7月20日には、中国の浙江大学城市学院から建築を勉強している学生19人が国外研修旅行でひびきのキャンパスを訪れました。浙江大学城市学院は、国際環境工学部建築デザイン学科と学術交流協定を締結しており、これまでも国際ワークショップの参加など、学生の短期派遣や受入れでも交流が盛んな大学です。

当日は、北九大・学部・学科や活動について本学教員から講義を受けた後、北九州学術研究都市全体の電気やガスなどのエネルギーを管理している環境エネルギーセンターなど、「エコキャンパス」の視察をし、カフェテリアで昼食をとりました。

また、8月4日に北九大と大学間学術交流協定を結んでいるタイのタマサート大学から学生9人の来訪がありました。学部長への表敬の後、タマサート大学出身のタイ人の大学院生から、北九大の紹介をしました。キャンパス見学では、建築デザイン学科のアトリエで、本学の学部生・大学院生の製作物や、過去の国際ワークショップの発表パネルに特に関心を持ったようです。午後には、TOTOミュージアムや環境ミュージアムなど市内の環境関連施設の視察をしました。

海外からの大学生に北九大の魅力を伝えていくことで、その学生が大学院生として国際環境工学研究科へ入学してくることを心待ちにしたいと思います。



pict1.jpg
pict2.jpg
上写真2点 浙江大学城市学院

pict3.jpg
pict4.jpg
pict5.jpg
上写真3点 タマサート大学

カレンダー

<   2016年8月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事

「世界一行きたい科学広場in宗像2016」に参加しました。
平成28年8月11日(木・祝)、福岡県宗…
ひびきのキャンパスの国際交流 ~ 授業のオフシーズンは、学外活動のハイシーズン ~
日本と同様、海外の大学でも夏休みなどの長…