2015年8月アーカイブ

北九州ゆめみらいワークに参加しました。

828日(金)・29日(土)の両日に開催された大学生や中高生、保護者に北九州市や周辺地域の企業や学校の

魅力を伝えるイベント「北九州ゆめみらいワーク」に本学も参加しました。



企業や公的機関、大学や専門学校など計115団体がブースを出展し、本学からは国際環境工学部 環境生命工学科


木原 隆典 准教授が「工学で環境と社会を変える〜バイオテクノロジー編」をテーマに環境生命工学科で行っ


ているDNAやタンパク質を使ったバイオテクノロジーの研究についての展示や模擬実験を行いました。


IMG_1893.jpgIMG_1879.jpg


実際に、実験の様子を観察てもらいながら生物中の化学反応や生命科学に興味をもってもらえるような研究の

紹介を行いました。


IMG_1886.jpg

IMG_1866.jpg


会場内に設けられた自分の夢を書くコーナーには、『北九州市立大学に行く』と書かれたものがありました。

イベントに参加したことで、中高生の進路選択の後押しができたことを大変うれしく思います。


IMG_3059.jpg

IMG_3060.jpg


今回は「工学で環境と社会を変える~バイオテクノロジー編」でしたが、本学にはこの分野以外にも多くの研究

分野があります。


11月8日(日)開催の秋季オープンキャンパスでは、今回ご紹介できなかった分野の模擬実験等も体験できま

すので、ぜひお越しください。

小学生と一緒にひびきの探検をしました。

8月27日(木)に小学生を対象とした"北九大ひびきの探検"を開催しました。このイベントは、ひびきのあそび研究会と

連携した企画で、夏休みの最後に環境に優しい北九州市立大学 国際環境工学部の最新設備のキャンパスとおもしろ

科学実験を体験していただきました。

 

"ひびきの探検"では、環境エネルギーセンターで汚水浄化と水リサイクルの装置を見学し、浄化前後の色を比較しなが

ら排水処理の仕組みを学びました。


IMG_1797.jpg

続いて、キャンパスを一望できる場所に移動し、自然の光や風を取り入れる仕組みについて学んだり屋上設置されて

いる太陽光パネルを数えるなど、環境にやさしい仕組みを取り入れたキャンパスを楽しみながら、見学していただきま

した。


IMG_1804.jpg


そして、今回は、『Desca?』のメンバーによるおもしろ科学実験も行いました。

『Desca?』は、Do Elementary School Career Assistants(小学校学習支援)の略で、地元の小学校を訪問し

て理科を中心に授業補佐をしたり、昼休みや夏休みを利用して、理科実験を体験してもらったり、理科離れしている子

どもたちに理科の楽しさを伝えている団体です。


今回のおもしろ科学実験では、「クロマトグラフィー」と「リニアモーターカー」の実験を行いました。

クロマトグラフィーとはろ紙に水性ペンで色を付け、それを水につけると色が分かれるという実験です。小学生は各々

ろ紙に水性のペンで好きな絵を描き、水につけるとどんな反応になのるかを観察しました。

どれも、インクが水にキレイに溶けておもしろい模様ができました。


IMG_1814.jpg

IMG_1832.jpg


リニアモーターカーの実験では、身近な材料を使って世界最速の日本のリニアモーターカーの原理を分かりやすく学ぶ

ことができました。


IMG_1836.jpg


どの実験も身近な素材を使った実験だったので、自宅でも試してみたいと、熱心に説明を聞いていました。


理科は疑問が多く、その疑問を解決するのがおもしろいところだと思います。生活の中にも科学的な視点で見るとおも

しろいものがたくさんあるということに、ぜひ気づいていただきたいです。


今後もこのようなイベントを通じて、小学生がもっと理科を好きになったり、科学の楽しさを分かってもらえたりという機会

を広げていきたいと思います。


毎年、春にも小学生を対象とした"ひびきの探検ツアー"というイベントを企画しております。

今回参加できなかった方も、ぜひ春休みのイベントにご参加ください。

サマースクール2015を開催しました!!

818日(火)にサマースクール2015を開催しましたsign03

本学では、高校生のみなさんに大学で受ける講義の楽しさを体験していただくことを目的として、毎年サマー

スクールを開催していますup


国際環境工学部の各学科が実施する講義や実験には、今年も80名を超える高校生が参加しましたflair

サマースクールの様子を一部ご紹介しますhappy01


cloverエネルギー循環化学科

講座名:古くて新しいナノマテリアル"ゼオライト"をつくろう

講 師:山本 勝俊教授


ゼオライト"とはどのようなものか、身の回りでどのように使われているか等を学ぶとともに、自分の手で作り

分析しました。

IMG_1762.jpg

IMG_1763.jpg


pencil感想pencil

・ゼオライトを作って、その構造を調べることまで体験できたので知識が深まった

・高校では深く追求していく実験はできないので貴重な体験ができた

・作業服を着て保護メガネをかけて実験を行い、見たことのない実験装置や器具を使えたことが大変面白かった

 

clover機械システム工学科

講座名:持続的な発展を支えるエネルギー利用の将来

講 師:泉 政明教授 

講座名:見えないものを見る

講 師:仲尾 晋一郎准教授 


私たちの暮らしの中には、機械工学によって様々な事が実現されていることを学びました。

例えば、近年注目されている「燃料電池」の講義や実験からはこれからのエネルギー利用について考えました。

さらに、機器の性能を向上させるために必要な測定技術のひとつであるレーザー等を用いた光学計測技術を「見

えないものを見る」という体験を通じて学びました。

IMG_1743.jpg

IMG_1741.jpg


pencil感想pencil 

・燃料電池を動かして電流や水素ガス流量を測定し、自分たちで発電効率を計算したことが難しかったが面白い

とを感じた

・専門的な言葉や実験に戸惑ったが機械分野に興味が持てた

・実験装置に驚かされ大学の設備はすごいと思った

・空気の流れなど実際に目に見えないものを光を使って見ることができ楽しかった

 

clover情報メディア工学科

講座名:プログラミングと製品企画を体験しよう

講 師:山崎 進講師 


情報技術(IT)はあらゆる製品やサービスに組み込まれ多くの分野で活躍できる技術であることを知ってもうう

と共に、ITの未来に関心を持ってもらうような講義を行いました。

まず、実際に大学で行われているプログラミング演習を体験してもらい、高校生のプログラミング経験に合わせ

て大学生の指導のもと何種類かのプログラミング演習に取り組みました。また、電化製品等の製品企画を体験し

てもらい、未来の電化製品を想像しコンセプトをまとめ、最後には発表を行いました。


IMG_1739.jpg

IMG_1777.jpg


pencil感想pencil

・プログラミング体験ではアプリを作成することができ、アプリの仕組みが少し理解できた

・プログラミングは初めてだったが、大学生に教えてもらいながら形にすることができ、自分の打ち込んだ命令

が思い通りに動いてくれるとやりがいを感じた

・製品は何のないところに生まれるのではなく、誰かがあったらいいなと思うことで形になることに気づいた

・電化製品を企画することは想像力が必要だったり、コミュニケーション力を問われたり難しかったけど非常に

達成感があって勉強になった

  

clover建築デザイン学科

講座名:材料デザイン

講 師:高巣 幸二教授 

講座名:麺でつくる構造模型

講 師:保木 和明講師 


「材料デザイン」では建物を形作っている材料の種類と特性を解説するとともに、環境にやさしい材料の紹介

を行いました。さらに、実際に建物材料の強さを計測しました。

また、「麺でつくる構造模型」では乾麺を用いて簡単な模型製作を行いました。乾麺の模型におもりをぶら下

げ、どのように作ったらより重たいものをぶら下げられるか等模型製作を通じて建築構造の基礎を学びました。


IMG_1733.jpg

IMG_1778.jpg


pencil感想pencil

・建築図面の見方や教室の長さや高さを図ったりする方法が知れて面白かった

・建築と言ってもさまざまな分野があることを知れた

・鉄筋が壊れる実験を見て音の大きさに驚いた

・パスタで高くて強い構造物を作るのは難しかった

・他校の人たちと交流しながら作成できたのが難しかったが楽しめた

 

clover環境生命工学科

講座名:光合成を計測してみよう

講 師:原口 昭教授 


野外の植物群衆の光合成速度の計測や藻類の光合成速度の計測、顕微鏡観察を行いました。植物の光合成を調べ

ることにより、地球環境の中でどのような役割を果たしているのかについて体験してもらいました。


IMG_1746.jpgIMG_1782.jpg


pencil感想pencil

・野外活動は初めてだったので楽しかった

・植物や光合成についてよく理解できた

・自分で測定してデータをまとめることは大変だったが研究者のような体験ができた

・実験は上手くいっても失敗してもそこから分かることがあることに気づいた

 

サマースクールの講義で扱うテーマは、大学の講義で行われているものばかりですsign03

高校生のみなさんにとって難しい内容になっていたかもしれませんが、積極的に取り組んでくれましたhappy01

今回の講義や実験を通じて大学での学びや学ぶことのおもしろさ、または漠然としていた志望動機をより具体的

にするきっかけを感じてもらえたのではないでしょうかnote

自分なりの答え」を見つけだしていくことが、大学生への第一歩を踏み出すきっかけになりますshine

この経験を通じて高校生活をより目的のある有意義なものにつなげていただけたら幸いですhappy01

平成27年8月8日(土)、福岡県宗像市の宗像ユリックスで開催された「世界一行きたい科学広場in宗像20

15」において、本学 国際環境工学部情報メディア工学科 上原 聡教授が「音や光で距離をはかろう!!」と

題して超音波や赤外線で距離を測る体験ができるブースを出展しましたnote


IMG_2996.jpgIMG_3014.jpg



ロボットに近づくと、寄ってきたり離れたりと可愛い動きをしますheart01


これは、ロボットから見えない光が出ており、見えない光は、体に反射してロボットまで戻ってきますsign03

ロボットは、光が体にあたって戻ってくるまでの時間をはかり、距離を計算して、一定の距離を保とうとしてい

ます。子供たちはロボットのペットのような動きに興味を持っていましたhappy01


その他にも、オシロスコープで耳では聞こえない音を計ったり、普段目には見えない赤外線を見る方法を考えて

もらったりと、科学や自然現象の不思議さを体験していただきましたup


IMG_3002.jpgIMG_3011.jpg



多くの子供たちが楽しみながらその技術に触れることができ、活気にあふれていましたsign03

 

これらのイベントを通して科学に興味を抱く子供たちがひとりでも多くなることを願っていますhappy01



カレンダー

<   2015年8月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のブログ記事

北九州ゆめみらいワークに参加しました。
8月28日(金)・29日(土)の両日に開…
小学生と一緒にひびきの探検をしました。
8月27日(木)に小学生を対象とした"北…
サマースクール2015を開催しました!!
8月18日(火)にサマースクール2015…
「世界一行きたい科学広場in宗像2015」に参加しました。
平成27年8月8日(土)、福岡県宗像市の…