2015年2月アーカイブ

こんにちはtulip

国際環境工学部環境生命工学科 森田洋教授の研究室とクラウン製パンの共同研究から生まれました『Bambread シリーズ:合馬のファイバーらすく』の販売が開始しましたのでご紹介しますhappy01shine

竹粉ラスク.jpg  竹粉ラスク(箱入り).jpg

『Bambread シリーズ:合馬のファイバーらすく』は、食物繊維が94%と一般的な野菜の2倍以上ある竹を細かく砕いた粉を生地に混ぜた「竹粉ラスク」ですwink食感や生地の膨らみ方を森田先生と森田研究室の学生がともに研究し、小麦の割合など配合に工夫しましたhappy02

繁殖力の強い竹は、手入れを滞り放置すると、地すべりなどの危険性が高まるとの指摘もあり、「竹害」と呼ばれ問題となっていますdown

森田先生は、問題となっている放置竹林対策の一環として竹の新たな用途を研究してきましたflairクラウン製パンさんとの出会いにより、竹粉を活用した新たな産学官連携商品が誕生しましたwinknotes

大学のブランド商品としてパッケージには、大学の新しいロゴデザインが描かれていますpencilまた、本学の学生から公募し応募総数96点の中から選ばれた3点が一部包装紙に採用されていますpresentshine

2月27日の発売初日には、クラウン製パン京町店および井筒屋小倉店において本学の魅力発信プロジェクトの学生が試食販売と商品のPR活動を行いましたwink

竹粉ラスク販売.jpg 竹粉ラスク魅力発信.jpg

『Bambread シリーズ:合馬のファイバーラスク』は、下記の店舗で販売していますsign03

みなさま、竹の粉が練り込まれた「合馬のファイバーラスク」をぜひご賞味くださいhappy01

食物繊維たっぷりなので、整腸作用や便秘の解消に期待ができるそうですよwinkgood

【販売店】

 cloverクラウン製パン各店舗(京町店、大蔵店、荒生田店)         

IMG_2003.jpg

 clover井筒屋小倉店

 clover北九州市立大学生協(ひびきのキャンパス、北方キャンパス) 

 

【商品】

価格:1,000円(税別)1袋2個入り、6包装

 (シュガー×2袋、チョコ×2袋、抹茶×1袋、ペッパー×1袋)





広島大学付属中・高等学校のみなさんが訪問されました。

広島大学付属中・高等学校1・2年生と研究で訪日されたタイの学生、合わせて36名がひびきのキャンパスに訪問されましたhappy01
タイの学生のみなさんは、広島大学付属中・高等学校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業の報告会参加のために訪日されており、今回、広島大学付属中・高等学校の学生のみなさんと一緒にひびきのキャンパスに来られましたwink

キャンパスに到着したみなさんははじめに模擬講義を受講されましたpencil

clover「排水処理システムで働く微生物」(エネルギー循環化学科 安井英斉教授)
clover「水環境中の有害化学物質分析」(エネルギー循環化学科 門上希和夫教授)

安井先生_20150216.jpg 門上先生_20150216.jpg

今回の講義は全て英語で行われ、みなさんは講義資料を見ながら熱心に講義を聴講されていましたhappy01講義の最後には、活発な質疑応答も行われ講義の内容にとても関心が強い様子でしたup

次に、2つのグループに分かれてラボツアーを行いましたsign03
ラボツアーでは、安井研究室門上研究室に所属している留学生が自分たちが研究している内容や研究室にある器材について英語で説明をしましたwink
ラボツアー_20150216.jpg ラボツアー_20150216_02.jpg
みなさんは、留学生の説明を聴きながらカメラなどで研究室を撮影したりcamerashine留学生へ個別に質問をしたりしていましたflair

その後は、ひびきのキャンパス内の食堂にて昼食をとりrestaurant次の見学場所へ移動されましたbus

大変、寒い中の訪問でしたが、みなさん熱心に模擬講義やラボツアーの説明を聞いてくださいましたhappy02
今回の訪問で、科学技術への関心を持っていただけたら幸いですhappy01shine

國武豊喜先生の文化勲章受章記念講演が開催されました。

本学名誉教授であり、元副学長の國武 豊喜先生が、平成26年度文化勲章を受賞されましたshine
この度、受賞を記念した講演会が平成27年2月14日(土)九州大学(伊都キャンパス)で開催されましたのでお知らせしますflair
「九州から世界へ バイオメティクスナノ薄膜」という演目で、先生が九州大学や留学先のペンシルべニア大学大学院で学ばれたこと、カリフォルニア工科大学博士研究員時代のこと、また、日本に帰国されてからは大学の教員として研究されたことなど、生の研究に対する情熱が感じられましたhappy01up
さらにその原点となる経験を当時のお写真や資料をもとにお話をしていただきましたnotes


國武先生講演_20150214.jpg 國武先生講演_20150214_02.jpg

clover研究は面白い
clover科学は素晴らしい

『研究は、達成感を感じるために苦しいことが多々あるけれど、達成した時の感動があるから研究を続けられる。学生のみなさんも沢山の分野において謎ときをしてくださいsign03
と、これから研究者を目指す学生や若い研究者に向けたメッセージをいただきましたhappy01

九州大学のホームページでも講演会について紹介されていますflair
こちらからご覧くださいsign03

カレンダー

<   2015年2月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のブログ記事

北九州市立大学ブランド商品「Bambread シリーズ:合馬のファイバーらすく」の販売が開始!!
こんにちは国際環境工学部環境生命工学科 …
広島大学付属中・高等学校のみなさんが訪問されました。
広島大学付属中・高等学校1・2年生と研究…
國武豊喜先生の文化勲章受章記念講演が開催されました。
本学名誉教授であり、元副学長の國武 豊喜…