ひびきのキャンパスがある北九州学術研究都市エリアに、この4月に新しく「ひびきの小学校」が誕生しますnew
通学路となる北九州市立大学やその他の学研都市エリアで、小学生の児童が安全に登下校し、安全に遊んでもらえるように、ひびきの地域で活動するNPO法人あそびとまなび研究所が「ひびきの親子安全マップづくり」を開催しましたsign01
 
この活動は、全国で、また、北九州市内でも広く取り組まれている「地域安全マップづくり」に準じた活動です。その目的は、特に、子どもたちの防犯意識を育むことにあります。
不審者shadowによる声掛けや誘拐事案がどこの地域でも懸念される中、子どもたちが、犯罪が起こりやすい場所を自分の目で見わけeye、避けることができるようになることを目指していますrock
今回の活動では、基盤教育センターひびきの分室の辻井 洋行准教授がファシリテーターとなり、国際環境工学部の学生や地域の高校生・高専生たちが親子の案内役となりました。
当日は、地域の親子と案内役の生徒・学生など、約50人が5班に分かれて担当地域を調査してマップを手作りし、最後に一同集まって発表会をしましたhappy02

■小学生、保護者、生徒・学生が班になってまとめ作業

map2.jpg
作ったマップで小学生が安全・危険を発表

安全マップ作りに参加した北九大魅力発信プロジェクトの「PR大使」丸岡 明希さん(環境生命工学科4年生)からレポートがありましたのでご紹介しますsign01
丸岡さんは、地元小学校で理科実験イベントなど企画・実施する国際環境工学部の学生グループ「Desca?」でも活動していますsign03

******
日時:2017年3月27日(月)
場所:北九州市立大学ひびきのキャンパス 留学生会館 集会所

ひびきの地区周辺の小学校に通う小学生とその保護者と一緒に、「安全なところgood:見えやすくて、入りにくい」「危険なところdanger:見えにくくて、入りやすい」というキーワードのもと、北九大ひびきのキャンパス内を実際に歩き、防犯の面で安全または危険な場所を探しましたdash
そして見つけた場所を一枚の模造紙に記録し、マップにしました。

実際にキャンパス内を歩くと、日頃何も気にせず通っているところでも危険な場所がたくさんありbearing、自分の身を守るためにもきちんと危険な場所は把握しておくべきだと思いましたdanger
この活動を通して、大人も子供も、防犯という面からみた安全・危険な場所を見極める力をつけることができたと思いますhappy01
これを今回の活動で終えるのではなく、危険なところの見つけ方を子供たち同士で教え合ったり、保護者同士でも話題にしたりしてもらい、地域全体の防犯に対する意識を高めてもらえたらと思います。
今後もこのような活動に参加し、子供たちが安全に楽しく小学校生活を送れるような地域づくりに貢献していきたいと思います。

*****

九州国際大学の姜 信一研究室、藤野 博行研究室、北九州市役所市民文化スポーツ局安全安心推進課地域防犯係、北筑高校の生徒さん、北九州市立高校の生徒さん、北九州工業高等専門学校の生徒さん、「Desca?」のメンバーなど、多くの皆さまの協力のもと開催されました。
作ったマップは、市民センターなどで地域の皆さんにも見ていただけるようになる予定です。

flairと・こ・ろ・で・・・・
新しく誕生するひびきの小学校・・・その校章は大学院国際環境工学研究科の出端 彩乃さんがデザインしたものなのですnote
(校章については「ひびきの小学校開校準備委員会だより」をこちらからご覧ください。)


平成28年度にひびきのキャンパスは開設15周年を迎えましたsign03

それを記念して国際環境工学部は15周年記念誌を刊行することになり、その表紙デザインをコンペ形式によって決定しましたshine

国際環境工学研究科環境工学専攻建築デザインコース博士前期課程1年生の濱川 碧さんのデザインが最優秀賞に選ばれ、3月23日、ひびきのキャンパス国際環境工学部の学部長室において表彰式を執り行いましたsign03

15周年記念誌表紙デザイン表彰式02.jpg15周年記念誌表紙デザイン表彰式01.jpg 受賞の喜びを濱川さんにお聞きしましたので、ご紹介しますwink

15周年記念誌表紙デザイン表彰式03.jpg「受賞された今の気持ちは!?」

濱川さん:ひびきのキャンパス開設15周年という節目に刊行される記念誌の表紙に自分のデザインが選ばれて大変光栄ですconfident

「デザインをする中で気付いた点はありますか!?」

濱川さん:デザイン案は当初ひびきのキャンパスの建物だけでしたが、人物をプラスしたら良いのではsign02というアドバイスをいただき、自分自身の勉強にもなりましたhappy02

 

15周年記念誌表紙デザイン表彰式04.jpg「デザインで注目してもらいたい点はありますか!?」

濱川さん:実は、線はすべて手書きなんですsign03

少しギザギザしてますので、気づいていただけると嬉しいですhappy02

現在、濱川さんは就職活動中で、将来はデザインの勉強を活かして展示会場などのディスプレイなどを手がける会社に就職できるよう頑張っているそうですgood

 

濱川さんはさらにデザインを学ぶために、北九州市立大学国際環境工学部建築デザイン学科から現在本学国際環境工学研究科(大学院)に進学していますpen

今回出版する記念誌はオープンキャンパスなどのイベントでも配付予定ですsign03

ひびきのキャンパス発の地域貢献プロジェクトの一環として、廃棄されるパーソナルコンピュータを学生ボランティアの手で再生し、地域で活動されている団体等に無償で提供する取組みを行っています。


 このプロジェクトにより再生したPCは、本学の学生ボランティアが、大学での勉強や研究の合間を縫って修繕や清掃を行い再生させたものです。昨年度までに累計75台のパソコンを贈呈してきました。受け取って頂いた地域の皆様に末永く愛用して頂けるようにとの願いを込めて、愛称を『Peco』("ペコ" 「Personal Computer」+「Eco Project」)と名付けました。

   

peco3.JPGのサムネール画像のサムネール画像           label.pngのサムネール画像

           贈呈用に並べられた再生PC『PECO』        このラベルに学生直筆メッセージを書き込んで
                                                                                                   贈呈される『PECO』に貼っています。


 この取組みの第7回目として、今年度は12団体から応募がありました。抽選によって8団体に再生したパーソナルコンピュータを贈呈することになり、ひびきのキャンパスで2月15日(水)に贈呈式を行いました。


贈呈式では当選団体の方々にも大変喜ばれ、感謝の言葉をいただきました。各団体の今後の活動に役立つものになると思います。

peco2.JPGのサムネール画像のサムネール画像
                 贈呈式では学生ボランティア代表から挨拶とメンバー紹介も。

環境技術研究所の新施設がこの春にオープンします!

ひびきのキャンパスには、国際環境工学部、大学院国際環工学研究科のほかにも、「環境技術研究所」という大学付属施設があります

環境技術研究所には、国際環境工学部の全教員も研究員として所属しています。日頃、大学の授業で教えている先生たちですが、各専門分野で最先端の研究活動もしているのです。地域産業に貢献する研究から、世界の環境問題解決につながる研究まで、企業や自治体、国の機関、さらには外国の研究機関とも連携しながら取り組んでいますflair

今後の研究展開の環境整備として、現在、キャンパス南側に新たな研究施設が建設中です。完成はこの春の予定ですnew

この施設の中には、現在進行中のバイオマテリアルの研究の他、共同研究を促進するためのオープンラボスペースを準備する予定ですbuilding

建物は環境に配慮した作りとなっています。例えば、森林資源保護のため、建築現場の木製型枠材が不要となるようプレキャストコンクリートを使用したり、熱を逃さないよう窓面積を少なく設計しています。また、人感センターのLED照明や、日射を遮る庇(ひさし)、太陽光パネルも設置されますshine

最先端の研究施設で研究活動ができる北九州市立大学国際環境工学部で、みなさんも社会に貢献できる、技術者・研究者を目指してみませんかhappy01sign02

UnderConstuction.jpg

現在は、このように工事中ですdash

IEST_Outlook2017.jpg

 (完成予想図)3月末には、木々が緑に色づくともに、このような建物が完成予定ですsign01

あけましておめでとうございますfuji 

北九州市立大学 学生フォーミュラプロジェクト「KF-works」です。今回は私たちの活動についてご紹介したいと思いますrvcar

フーミュラ.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

学生フォーミュラがどのような活動か知っていますか?これは学生が自ら構想・設計・製作した小型レーシングカーを用いて、ものづくりの総合能力を競うもので、毎年9月に静岡県で全国大会が開催されています。

http://www.jsae.or.jp/formula/jp/


フォーミュラ大会.jpgのサムネール画像のサムネール画像 
 この活動は車両の設計・製作だけでなく、経費の管理やプレゼンテーションまで様々なことを学生自らが行っています。
 また車両を製作する上で非常にコストがかかるため、大学からの予算だけでなく、 学生が企業や団体にスポンサーのお願いをしています。活動の詳細についてはプロジェクトのHPをご覧くださいeye

http://www.env.kitakyu-u.ac.jp/kfwork/index.html


私たちは昨年、初めて本大会の車検を通過し、「動的審査」への出場を果たしました。

また、本学創立70周年記念祝賀会にて車両展示を行い、ようやく皆様に認知して頂けた年になりました。

学生.jpg

学生1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


今年は全種目出走を目標に現在車両製作に邁進しております。 

今後ともKF-worksの活動へのご理解とご協力を頂きますようお願いいたしますconfident


カレンダー

<   2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のブログ記事

祝!ひびきの小学校開校!! 北九大で「ひびきの親子安全マップ作り」が開催されました。
ひびきのキャンパスがある北九州学術研究都…
ひびきのキャンパス開設15周年記念誌 表紙デザインが決定しました!!
平成28年度にひびきのキャンパスは開設…
リサイクルPC贈呈式が開催されました!
ひびきのキャンパス発の地域貢献プロジェク…
環境技術研究所の新施設がこの春にオープンします!
ひびきのキャンパスには、国際環境工学部、…
今年も学生フォーミュラをよろしくお願いします
あけましておめでとうございます&nbs…
永原正章教授らが主催した Innovation Night Vol.1 が開催されました!
2016年12月2日(金)に本学環境技術…
ひびきのオープンキャンパスin響嵐祭を開催しました!!
11月12日(土)、13日(日)の2日…